9月17日の青山陽一the BM's

いや〜、参った!あまりの素晴しさに終演後はあえてメンバー
たちと会話せず、余韻を反芻しながら一人帰路に着いた。そん
な青山陽一the BM'sのライブを17日は、沼袋のオルガンジャズ
倶楽部にて2時間たっぷり堪能した。青山(g,vo)以下、伊藤隆
博(org)、中原由貴(ds、cho)からなるトリオ編成としては、お
よそ一年半ぶりのお披露目だったが、ベースレスのオルガン・
トリオならではの丁々発止〜インタープレイの数々に息を呑ま
ずにはいられない。三人ともキャリアが長くそれぞれ卓越した
プレイヤーたちだが、この夜も互いを鼓舞し合っていくような
スリリングな連携に圧倒されっぱなしだった。

青山はバンド編成時に珍しく、シットダウン・スタイルでギタ
ーを抱えながら、キャノンボール・アドレイのMercy,Mercyを
オープニングに持ってくる。以降も自作のOdorelをインスト化
したり、中近東的なフレーズが混ざるMicro Waveを長尺ジャム
展開したり、レコーディング時にはスティール・パンに導かれ
ていた「停電」をオルガン・トリオならではのアレンジへと大
胆に改変するなど、新機軸がたっぷり。なかではダン・ペン作
のDark End of the Streetを、ライ・クーダーの『ショウ・タイ
ム』ヴァージョンに倣って、全編スライド・ギターで弾いてい
くという、ややマニアックなサーヴィスも。

それでもやはりトータルな印象として特筆すべきは、青山なら
ではのソングライティングのことだろう。何度も繰り返してき
て申し訳ない程だが、歌詞それ自体にもっともらしい主張を込
めるのではなく、彼は散文あるいは抽象に近い形で言葉を拾い
上げながら、もはや独壇場とも言える浮遊するような旋律と重
ね合わせてきた。青年期の憧れであっただろうロック(それを
介在にした)ブルーズやファンクのフォームを自分ならではの
語彙へと変換させてきた。本人は寡黙であり、けっして多くを
語ろうとしない。それでも私は、彼のなかで堆積していった歳
月のことを思わずにはいられない。

シットダウン形式で進められた17日のステージ。しかし終盤に
Friday RiderやJust One Noteが怒濤の如く固め打ちされる頃に
なると、青山は自然と立ち上がり、彼の最高の理解者である伊
藤と中原をフィーチャリングしながら、一気呵成に突き進んで
ゆく。むろん青山のギターの澄んだトーンが変わることはない。

e0199046_8332520.jpg


*写真は青山さんのウェブサイトよりお借り致しました。
[PR]

by obinborn | 2016-09-18 02:02 | 青山陽一theBM's | Comments(0)  

<< 9月19日の中村まり 9月15日のサーディンヘッド >>