11月21日の双六亭

荒ぶるロックの心。こんな賛辞がもし今もあるとしたら
彼らに贈りたい。そんな双六亭のレコ発ライブを21日は
池袋の鈴ん子屋でとことん堪能した。ニシイケタカシの
ぶっきらぼうな歌いっぷりとレスポール・サウンド。あ
るいは中原由貴のパワー・ドラムス。そんな彼らの音は
いつも風景を飛び越え胸を直撃する。それも美辞麗句を
並べ立てるわけでも、AA'BA的なソングライティングの
起承転結に陥るわけでもない。そんな双六亭の”ロック”
に胸が熱くならずにはいられないメモリアルな夜となっ
た。彼らとは昔から仲が良く互いに苦汁を舐めてきたで
あろう東京ローカル・ホンクとのツーマンという”絵”も
最高の設定だった。いささか情けない歌の方が遥かに心
に染み渡る。ユーモアを伴いながら自分が予想もしなか
った地点へと誘ってくれる。そんな”ロック”を受け止め
ながら帰りの電車に乗り込んだ。


e0199046_23493010.jpg

[PR]

by obinborn | 2017-11-21 23:50 | rock'n roll | Comments(0)  

<< 11月28日の東京ローカル・ホンク マーク・ベノの定点観測 >>