RADWINPSの「HINOMARU」に思う

無数のものを束ねる国歌や国旗といった”象徴"は
高揚感を促す。その一方で負の感情を呼び覚ます。
若い人は知らないだろうが、昔沖縄国体で日の丸
が何者かによって焼かれるという事件があった。
またジミ・ヘンドリクスが歪んだトーンで奏でた
「星条旗よ永遠なれ」も忘れることが出来ない。
いずれも国家への何かしらの抗議だった。

RADWINPSの「HINOMARU」にはそうした葛藤
がない。作者は「政治的な意図はありません。左で
も右でもなく、みんなが一つになれる歌を作りたか
った」とコメントしているが、果たしてロック音楽
はいつから「みんなが一つになる」ための道具にな
ったのだろうか?

自分の国を慈しみ、生まれた故郷を大事にする。そ
のことに異議はない。だがこの「HINOMARU」は
作者の意図を超え、もっと大きな物語へと収斂して
いく。ヒロイックな歌い方といい、静から動へと劇
的に盛り上がる編曲といい、少なくともこの歌には
声を持てない人たちの声を聞き取ろうとする姿勢は
感じられない。危うい時代の危なっかしい歌であり、
排外主義や国威発揚の場にいつ利用されるかも解ら
ない。そう、かつてブルース・スプリングスティー
ンが作ったヴェトナム帰還兵の独白「アメリカ生ま
れ〜Born In The U.S.A」が、レーガン大統領によ
って曲解されてしまったように。

「みんなが一つになる」なんてまっぴらゴメンだ。
君たちが勢いよく拳を振りかざすのなら、私は顧み

られない一粒の石になるだろう。


e0199046_04230991.jpg



[PR]

by obinborn | 2018-06-15 04:23 | rock'n roll | Comments(4)  

Commented at 2018-06-15 06:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by obinborn at 2018-06-15 06:56
>がらさちさん、コメントありがとうございます。僕は逆にこのバンドのことを知らなく、巷で問題になっているHINOMARUに違和感を覚えただけなのですが、他にはもっといい曲があるのかもしれません。仮に作者に政治的な意図がなかったとしても、歌は公に発表された時点で受け取った側に委ねられ、時に曲解され、利用されます。そのことを考えるとこの曲は「君が代」を想起させる部分もあり、誤解されやすいのでは?と感じてしまいます
Commented at 2018-06-15 08:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by misaki at 2018-06-29 07:24 x
私もこのバンドのことはあまり知らなかったのですが、ざっと聴いてみて、音楽自体がおもしろくないなあと思いました。まあそれは好みであり別にいいのですが、歌詞もとても安直すぎて聴いている側が恥ずかしくなります。最近の若い日本人には受けるのでしょうね。不思議なのは、普段は愛だの鯉だの当たり障りのないことを歌ってるのに、急にこのような曲が出てきたことです。hinomaruはうわっぱりは政治的であっても、政治的思想に欠けていると思います。思想があるのなら、そこからもっと展開すべきです。責任をもって。もし、自分たちのしていることに自信と誇りがあるのなら。もし、それがArtと呼べるものならば、です。若者の文化的な低俗化はずっと変わらない日本の政治体制にも責任があるのかもしれません。

<< 『ペット・サウンズ』再び 6月10日はロッキン・アフタヌ... >>