2018年 02月 05日 ( 1 )

 

開封されなかったメール

以前僕が派遣切りに遭った時、殆ど唯一同情してくれたのがTさん
だった。他の多くの職員が「当たらず触らず」だったのに対して、
Tさんだけが直属の上司に理不尽さを訴えてくれたことが嬉しかっ
た。芯が強く正義感があり、見た目は少しパティ・スミスにも似
た女性で、彼女とだけは職場で不思議と気持ちが通じ合ったものだ
った。そんなTさんからのショートメイルを僕は何と二ヶ月半も気
が付かずに放ったらかしにしたままだった。もともとスマホの機能
に弱い自分をまさかこういう形で知るとは思わなかった。たまたま
妹からのメールがあり、それを遡ったことでTさんから連絡を頂い
た旨を今日やっと知るところとなった。

「お役に立てなくてごめんなさい。小尾さんのロッカーにビールを
入れておきました。少しですが飲んでください。私オビさんの分も
頑張りますから」それがTさんから届いたメールのおよその文面だった。        何と彼女は職場が思うように改善されなかったことを詫び、別れの
挨拶として置き土産までそっと忍ばせてくれていたのだった。その
職場に戻ることも、そこにあった自分のロッカーを開ける機会も、          もう永遠にやってこないだろう。それでもTさんの優しい心遣いに

思わず胸が熱くなった。

e0199046_13322269.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-02-05 13:32 | one day i walk | Comments(2)