<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

映画『I AM THE BLUES』を観て

28日は新宿のK'sシネマにて、ダニエル・クロス監督のドキュ
メンタリー映画『I AM THE BLUES』を鑑賞した。昨年公開
された『約束の地〜TAKE ME TO THE RIVER』がソウル音楽
の伝承をテーマとしていたのに対し、今回はブルースそれもル
イジアナ・バイユー一帯に生息するかなりマイナーな音楽家た
ちに焦点を絞るという超マニアックぶりだ。また『約束の地』
が辛うじて未来への架け橋を物語っていたのに対し、本作はど
こまでもダークな死生観を描いているのが対照的。アフリカン
=アメリカンの終着駅としてブルーズを着地させるというイン
テリ的な視点ではなく、アメリカ深南部の日常、つまりクロウ
フィッシュ釣りや、どこまでも続く綿畑、あるいは各地に点在
するジューク・ジョイントやチトリン・サーキットを生活の糧
とするワンナイト・スタンドのブルースマン達を、クロス監督
は生々しく、しかし抑制されたタッチで鮮やかに描き出す。

基本的には今も現役で活躍するボビー・ラッシュを語り部に据
えながらおよそ120分が進行してゆく。今宵のショウのギャラ
ンティに納得しないラッシュを見兼ねたエージェンシーが「今
からATMで全部下ろしてくるよ」と渋々了解するひとコマから、
レイジー・レスターのハーモニカの息遣い、バーバラ・リンが
奏でる左利きギターの高揚(SO GOODに、YOU'LL LOSE A
GOODTHING)まで臨場感がたっぷり。小ネタでいえばエク
セロ・レーベルの知られざるシングル盤が男女の邂逅の伏線と
なっていたり、サニー・ボーイの”乞食ジャケット”が写し出され
たり、ロバート・ウィルキンスの「放蕩息子〜Prodical Son」
が、毎日の生活のなかごく自然にセッションされていたりと、
見所は多数あり。

どうしても私たち日本人はブルーズに対して音楽のスタイルと
して入門してしまう。しかし、それらとは全く異なる暮らしが

ブルーズの生命線だ。思えばラッシュにせよ、レスターにせよ、
リンにせよ、21世紀まで生き残ったブルーズ音楽の生き証人だ。
また、映画が撮影されている間に亡くなってしまったバド・ス
パイアーズもいる。いわばこの映画『I AM THE BLUES』は、
滅びゆくブルーズ音楽に思いを込めた置き手紙なのだと思った。

e0199046_18120628.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-05-28 18:12 | blues with me | Comments(0)  

ニール・ヤング『ROXY:TONIGHT'S THE NIGHT LIVE』を聞いて

ニール・ヤングが75年にリリースした『今宵その夜』は、
熱心なファンには到底忘れることの出来ないアルバムだ。
ドラッグで亡くなった二人の友人、つまりローディのブル
ース・ベーリーとクレイジー・ホースのギタリストだった
ダニー・ウィットンを偲んで作られたというその作品は、
何でも73年のある夏の夜にニールとバンドがベロベロに
なるまでテキーラを飲み、ふとした思い付きでハリウッド
のリハーサル・ルームDで行ったライブ演奏を中心に構成
されていた。録音から発売までに2年もの間隔が開いてし
まったのは、あまりにプライヴェイト過ぎるという理由で
レコード会社がリリースを渋ったためだが、”個人的”な
アルバム故に、人々から長らく記憶されるものとなった。

そんな『今宵その夜』のセッションをライブの場で実践し
直したのが今回新たに発掘されたアーカイヴ音源『ROXY
:TONIGHT'S THE NIGHT LIVE』だ。CDのデータでは73
年の9月20、21、22日の三日連続公演から抜粋したと記さ
ているから、あの”酔っ払いセッション”からあまり間髪を
置かずに実践されたライブだった様子が伺える。

ラフでルーズな演奏はロキシーのライブでもまったく変わ
らず、実に自然体なニールと彼のバンドの魅力を捉えてい
る。つまり完成度を目指すのではなく、コマーシャリズム
に走るのでもなく、今一番歌いたいことを歌うという一貫
した姿勢である。サンタ・モニカ・フライヤーズと命名さ
れたここでのバンドは、ビリー・タルボットとラルフ・モ
リーナというクレイジー・ホースのリズム隊に、ペダル・
スティールの名手ベン・キースとグリン出身のニルス・ロ
フグレンを合体させた編成で、四人ともに以前からニール
とは親しい間柄だ。とりわけニルスの掻きむしるようなリ
ード・ギターが生々しい。

「ハイスクールに通っていた頃のように/あの無邪気な日々
に戻りたい/そう川辺を下って/ズボンの小銭をチャラチャラ
鳴らしながらね」と歌われるMELLO ON MY MINDの懇願
がとりわけ染みる。「気休めに映画でも観よう」といった
内容のSPEAKIN' OUTでは、穏やかな描写だけにかえって
主人公の孤独が浮かび上がってくる。「その疲れた眼を開け
ておくれ」と死者に訴えるTIRED EYESには、涙の一つや
二つが溢れ落ちてくる。そして74年の『渚にて』に収録さ
れることになった終曲WALK ONで、やっと朝日が立ち昇
ってくる。故人たちへの弔いが終わり、再び歩いていかなけ
ればならないことを人は知る。


e0199046_16502542.jpg



[PR]

by obinborn | 2018-05-23 17:10 | rock'n roll | Comments(0)  

ニール・ヤング『ROXY:TONIGHT'S THE NIGHT LIVE』を聞いて

ニール・ヤングが75年にリリースした『今宵その夜』は、
熱心なファンには到底忘れることの出来ないアルバムだ。
ドラッグで亡くなった二人の友人、つまりローディのブル
ース・ベーリーとクレイジー・ホースのギタリストだった
ダニー・ウィットンを偲んで作られたというその作品は、
何でも73年のある夏の夜にニールとバンドがベロベロに
なるまでテキーラを飲み、ふとした思い付きでハリウッド
のリハーサル・ルームDで行ったライブ演奏を中心に構成
されていた。録音から発売までに2年もの間隔が開いてし
待ったのは、あまりにプライヴェイト過ぎるという理由で
レコード会社がリリースを渋ったためだが、”個人的”な
アルバム故に、人々から長らく記憶されるものとなった。

そんな『今宵その夜』のセッションをライブの場で実践し
直したのが今回新たに発掘されたアーカイヴ音源『ROXY
:TONIGHT'S THE NIGHT LIVE』だ。CDのデータでは73
年の9月20、21、22日の三日連続公演から抜粋したと記さ
ているから、あの”酔っ払いセッション”からあまり間髪を
置かずに実践されたライブだった様子が伺える。

ラフでルーズな演奏はロキシーのライブでもまったく変わ
らず、実に自然体なニールと彼のバンドの魅力を捉えてい
る。つまり完成度を目指すのではなく、コマーシャリズム
に走るのでもなく、今一番歌いたいことを歌うという一貫
した姿勢である。サンタ・モニカ・フライヤーズと命名さ
れたここでのバンドは、ビリー・タルボットとラルフ・モ
リーナというクレイジー・ホースのリズム隊に、ペダル・
スティールの名手ベン・キースとグリン出身のニルス・ロ
フグレンを合体させた編成で、四人ともに以前からニール
とは親しい間柄だ。とりわけニルスの掻きむしるようなリ
ード・ギターが生々しい。

「ハイスクールに通っていた頃のように/あの無邪気な日々
に戻りたい/そう川辺を下って/ズボンの小銭をチャラチャラ
鳴らしながらね」と歌われるMELLO ON MY MINDの懇願
がとりわけ染みる。「気休めに映画でも観よう」といった
内容のSPEAKIN' OUTでは、穏やかな描写だけにかえって
主人公の孤独が浮かび上がってくる。「その疲れた眼を開け
ておくれ」と死者に訴えるTIRED EYESには、涙の一つや
二つが溢れ落ちてくる。そして74年の『渚にて』に収録さ
れることになった終曲WALK ONで、やっと朝日が立ち昇
ってくる。故人たちへの弔いが終わり、再び歩いていかなけ
ればならないことを人は知る。


e0199046_16502542.jpg



[PR]

by obinborn | 2018-05-23 17:10 | rock'n roll | Comments(0)  

カシムラくんを追悼する:その2

カシピーの姿を最初に見たのは確か2008年頃だったと思う。
カウボーイズが沼袋の美容院!でライブをやった時にハーモ
ニカで客演したのがカシピーだった。通常のハコではなかっ
たことがかえって印象を深めたのかもしれない。彼は本番中
からビールをがんがん飲み、赤ら顔になって機嫌良く吹いて
いた。ドラムも現在の植村さんに変わる以前で、東野りえち
ゃんが叩いていた時代のことだ。もう10年前の話なので当日
のことはよく思い出せないけれど、ステージ終盤にクリーデ
ンスの名曲LODIを演奏したことは今でも鮮やかに覚えている。
僕の記憶が正しければこの夜にハルさんがカシピーを紹介して
くれたんじゃないかな。

そんなことを反芻しながらクリーデンスの『GREEN RIVER』
をレコード棚から引っ張り出してきた。BORN ON THE BA
YOUの焼き直しとも言えるGREEN RIVERに始まり、レイ・
チャールズのTHE NIGHT TIME IS THE RIGHT TIMEに終わ
る69年のアルバムで、LODIはB面の2曲めに収録されていた。
これは各地を往来する旅人のロード・ソングであり、「おお、
LODI、また道の真ん中で故障しちまったぜ」というフレーズ
が図らずもアメリカ各地をツアーするジョン・キャメロン・
フォガティの心情を捉えていた。この曲がダン・ペン、ブル
ージャグ、エミルー・ハリスらによって広くカバーされてき
た理由も、きっとそんな孤独感ゆえに違いない。そしてカウボ
ーイズのヴァージョンが加わった。これほど勇気付けられる
ことはない。顔を真っ赤にしながらカシピーはハーモニカを
吹いていた。

e0199046_11260521.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-05-06 11:26 | Comments(0)  

さようなら、カシピー

カシピーという愛称で親しまれたハーモニカ奏者、カシムラ氏
が亡くなってしまった。近年はずっと闘病生活をしていた彼だ
が、遂に力尽きた。オイラがカシピーを知ったのは、東京アン
ダーグラウンド永遠の風雲児であるハル宮沢さんに紹介しても
らったからだ。ハルさん率いるコスモポリタン・カウボーイズ
のライブに客演し、楽しそうに吹いていたカシピーの姿が忘れ
られない。その後もオイラが出したパブロックの本を褒めてく
れ、去年行われたバブロック・ナイトに行きたいという旨を書
いてくれたのだが、結果それが最後の”会話”になってしまった。
けっして濃密な付き合いとは言えなかったが、こんなオイラを
気に留めてくれたことがすごく嬉しかった。オイラもいつの日
か、君のいる天国に行くようになるだろう。それが10年後にな
るのか、あるいは半年後なのかは誰にも解らないけれど、その
時はいっしょに音楽を語り合おうぜ、カシピー。幾つかの心温
まる日々とともに、いま君のことを思っている。合掌。

e0199046_09542315.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-05-06 09:54 | rock'n roll | Comments(0)  

映画『さすらいのレコード・コレクター』を観て

2日は新宿のK'sシネマで『さすらいのレコード・コレクター』
を観てきた。主人公のジョー・バザードはメリーランド州に
暮らす初老の男で、ブルース、ブルーグラス、ヒルビリーとい
った戦前の音楽にしか興味がない。何しろロバート・ジョンソ
ンが最後にいいと思えたブルースであり、娘が買ってきたジョ
ン・レノンのレコードをフリスビーにして飛ばしてしまったと
いう偏屈な男である。その代わりにジョーが10代の頃からアメ
リカ各地を回って集めてきたSPレコードのコレクションは2万
を超える膨大な量で、幾つかの再発レーベルに音源を提供して
きた功績も計り知れない。

そんな男の独白が『さすらいのレコード・コレクター』だ。原
題であるDESPERATE MAN BLUES(極端な男のブルース)が
示すように、その収集癖やレンジが決して広いとは言えない音楽
観には賛否両論あるだろう。少なくとも70'sロックを研究してい
る僕とは全く相容れない世界のありようだ。それでもこの映画
が共感を呼ぶのは、たとえ世間の流行がどうであれ、己の道を信
じて歩む男の姿が克明に描かれているからだろう。本職は決して
明かされないものの、同じコレクター仲間だった妻に先立たれた
ことを終盤で告白し、食事を作る手間を省くために町の簡素な
レストランで日々の空腹を満たすジョー・バザードの姿が明かさ
る。SPのお宝があると情報を聞きつけたわりには、さほどの成果
が上がらなかった黒人の家庭にも感謝の言葉を忘れない。まさに
レコード・コレクターの鑑のような人だ。一番好きなカントリー
・マンはジミー・ロジャーズとか。そしてロニー・ジョンソンに
サンハウス、あるいはチャーリー・パットンが生きた日々へと、
ジョーは今日も思いを馳せる。

白眉はポール・ジェレミアがハザードの自宅を訪れる場面だろう
か。僕がデイヴ・ヴァン・ロンク以上に敬愛する白人のブルース
・リヴァイヴァリストがジェレミアなのだが、彼ら二人が演奏家
と収集家という立場を超えて、愛するブラインド・ブレイクを語
り、歌い、微笑みを交わしていく様が脳裏から離れない。


e0199046_17065204.jpeg



[PR]

by obinborn | 2018-05-02 17:09 | blues with me | Comments(0)