<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

6月26日の東京ローカル・ホンク

パーフェクトな夜だった。繰り出す音と言葉とが鮮やかに
合致し、一切の無駄なく響き渡る。そんな東京ローカル・
ホンクのワンマン・ライブを26日は高円寺のJIROKICHI
にて。人々の暮らしに目を向け町を観察しながら、ホンク
の四人は歌を弾ませる。MCでソングライターの木下弦二
が振り返ったように、放埓な10代のロックから脱した彼は
年齢や世代を選ぶことない、かけがいのない歌の数々を紡
いでゆく。それらの歌がたとえ時代と交差しなくても、顧
られなくても、この人はけっして負けはしなかった。その
信念と価値のことを思う。緊密なバンド・アンサンブルは
日本のロックの頂点に達している。


e0199046_00490747.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-06-27 00:49 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)  

遥かに、清志郎へ

RCのライブを最初に観たのは80年の11月。江古田にある
武蔵大学の講堂だった。ライブ・アルバム『ラプソディ』
が発売されたのが同年の6月だったから、まさにブレイク
寸前の出来事だった。清志郎がMCで10月に発売されたば
かりのシングル「トランジスタ・ラジオ」を「新曲です!」
と紹介しながら歌い始めたことが忘れられない。翌年にな
ると日比谷野音を満員にし、やがて武道館公演へと漕ぎ着
けるほど彼らの人気はうなぎ登りになっていったが、その
少し前には学園祭に出演する”ちょっとした仲間”に過ぎな
かったのである。フォーク・トリオ時代のRCを知っていた
僕にとって、彼らのロック・バンドへの変貌とグラム・ロ
ック風の奇抜なメイクは衝撃だった。それでも「エンジェ
ル」のようなバラードは、かつての「甲州街道はもう秋な
のさ」や「ヒッピーに捧ぐ」を自然と思い起こさせた。ま
たロックといっても、RCの場合はメンフィス・ソウルのミ
ッドテンポを基調にしていた。パンクのファストなビート
とは最初から規範が違っていた。そのミッドなグルーヴに
満ちた「きみが僕を知ってる」が好きだった。”女と寝てい
る奴より気持ちいい”というロック賛歌「気持ちE」の強が
りの向こうに、無口な青年の姿が覗いていた。

あれはいつのことだっただろうか。一度だけ国分寺の駅を
降りて、多摩蘭坂を訪れたことがある。確か夏の暑い日だ
ったと記憶する。空は澄み渡り、風が爽やかに頰を撫でる
午後だった。清志郎が見ていた風景をどうしても自分の目
で確かめたかった。周りの草いきれの匂いを感じたかった。
歩いてみると何の変哲もない通り道だったが、それ故に彼
が拾い集めたイメージの断片が浮かび上がり、刺さった。

音楽家の縁の土地を訪ねて涙を隠したのは、その時が初め
てのことだった。


e0199046_19015086.jpg


[PR]

by obinborn | 2018-06-23 19:02 | rock'n roll | Comments(0)  

『ペット・サウンズ』再び

鹿と戯れるこのジャケットをパロディにしたアイドル・
グループの作品を見かけたことがある。念には念をとい
うことだろうか、アーティストとタイトルの文字フォン
トまで精巧に似せたそれを眺めながら、『ペット・サウ
ンズ』が発売された1966年から随分と時間が経ってし
まったことを知らされた。

あまりに語られ過ぎたアルバムであり、そこに付記すべ
きことはもう殆ど残されていない気がする。しかし、彼
らも当時はいわゆるアイドル・グループだったことを覚
えておきたい。ジャケットを裏返すと侍に扮したメンバ
ーの写真が目に入ってくる。こうした無自覚さと実際の
音楽との落差にビーチ・ボーイズ、つまりリーダーであ
ったブライアン・ウィルソンが置かれていた当時の混沌
とした状況を伺い知ることができる。

音楽自体がロック・バンドのフォーマットを離れ、オー
ケストレーションを用いたシンフォニックな響きを重視
している。ニール・ヤングが脚本を手掛けた映画『過去
への旅路』に使用されたLet's Go Away For Awhileなど
最たるもので、歌詞に邪魔されないインストゥルメンタ
ルの作品だけに、かえって抽象的な美しさを増した。

ニール・ヤングといえば、彼がスティルス・ヤング・バ
ンド時代に作ったLong May You Runには、ブライアン
の独白とも言うべきCaloline Noのフレーズが挟まれてい
た。旧友であり同じバンド・メイトだったスティーヴン・
スティルスに向けて、ニールは「きみも長い時間を駈け
抜けてきたんだね」と語り掛け、労わりの感情を表す。
そこに被さってくるのが、まさにCaloline Noのメロディ
であり、かつては犬猿の仲と噂されたニールとスティー
ヴンの溝を埋めるかのようなドラマを想像させた。

何やら『ペット・サウンズ』本体というよりは余談が中
心になってしまったが、上記のような物語を恐らく聞き
手の数だけ生み出したという点でも、時間という試練を
乗り越えた素晴らしいアルバムだと思う。

e0199046_04062334.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-06-21 04:07 | one day i walk | Comments(0)  

RADWINPSの「HINOMARU」に思う

無数のものを束ねる国歌や国旗といった”象徴"は
高揚感を促す。その一方で負の感情を呼び覚ます。
若い人は知らないだろうが、昔沖縄国体で日の丸
が何者かによって焼かれるという事件があった。
またジミ・ヘンドリクスが歪んだトーンで奏でた
「星条旗よ永遠なれ」も忘れることが出来ない。
いずれも国家への何かしらの抗議だった。

RADWINPSの「HINOMARU」にはそうした葛藤
がない。作者は「政治的な意図はありません。左で
も右でもなく、みんなが一つになれる歌を作りたか
った」とコメントしているが、果たしてロック音楽
はいつから「みんなが一つになる」ための道具にな
ったのだろうか?

自分の国を慈しみ、生まれた故郷を大事にする。そ
のことに異議はない。だがこの「HINOMARU」は
作者の意図を超え、もっと大きな物語へと収斂して
いく。ヒロイックな歌い方といい、静から動へと劇
的に盛り上がる編曲といい、少なくともこの歌には
声を持てない人たちの声を聞き取ろうとする姿勢は
感じられない。危うい時代の危なっかしい歌であり、
排外主義や国威発揚の場にいつ利用されるかも解ら
ない。そう、かつてブルース・スプリングスティー
ンが作ったヴェトナム帰還兵の独白「アメリカ生ま
れ〜Born In The U.S.A」が、レーガン大統領によ
って曲解されてしまったように。

「みんなが一つになる」なんてまっぴらゴメンだ。
君たちが勢いよく拳を振りかざすのなら、私は顧み

られない一粒の石になるだろう。


e0199046_04230991.jpg



[PR]

by obinborn | 2018-06-15 04:23 | rock'n roll | Comments(4)  

6月10日はロッキン・アフタヌーンでした!

今日はロッキン・アフタヌーンのギグ&DJでした。
ロス・ロイヤル・フレイムズ、ザディコキックス、
ザ・ハート・フロム・ア・スタングのバンドの皆さん、
二見潤さん、knittersさんのレコード・セレクター、
そして何よりも来てくださった方々、主催されたHさん、
ありがとうございました!私は30分ほど回させて頂き
ました。以下プレイリストです。

*    *    *

James Brown&theFamous Flames/Night Train
The Carter Brothers/Southern Country Boy
Spencer Bohren/Straight Eight
Electric Bluebirds/Alligator Man
Dave Edmunds/Louisiana Man
Charles Man/Walk of Life
Gary U.S Bonds/Jole Blon
Steve Jordan/Why Can't Be A Friends?
Clifton Chenier/Bon Ton Roulet
Fats Domino/Be My Guest
Fats Domino/I'm Gonna Be a Wheel Someday


e0199046_22143903.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-06-10 22:14 | one day i walk | Comments(0)  

トランプ政権時代のブルーズ〜ライ・クーダー『放蕩息子』を聞いて

ライ・クーダーの新作『The Prodigal Son〜放蕩息子』
が素晴らし過ぎます。2012年の前作『Election Special
〜選挙特報』は力感漲るアルバムだったけど、今回も予想
を大きく上回る出来栄え。個人的にはまるで前作と地続き
のような逞しい印象を受けました。すなわち労働者や非正
規雇用者(私なんか日雇いワーカーですよw)など社会的に
弱い立場の人間の側に立ち、初期を思わせるシンプルなブ
ルーズ、ゴスペル表現のなかでテーマを際立たせています。

60年代にスタジオ・ギタリストとして多くのセッションを
こなし、70年にソロ・デビューしてからは実り豊かな時代
を過ごし、80年代には映画音楽へと視野を広げた。90年代
にはブエナ・ベスタに象徴されるようなワールド・ミュージ
ックとの接点を持ち、以降はややコンセプトを優先させたア
ルバムを紡いだ。今までのライの歩みをざっくり振り返って
みると、そんな印象を受けますよね。

無理な音楽的越境がないことが『放蕩息子』の生命線ではな
いでしょうか?ヴォーカルにしてもギターにしてもごく自然
体であり、未知の音楽に誘ってやろうという”さもしさ”より、
プリミティブな社会的な動機が音楽の大きな背骨になってい
ます。

もともとライは30年代や40年代の不況時代に歌われたブルー
ズやフォークに共感を寄せた人でした。たとえ自分の印税に
結びつかなくとも、そのような古く埋れた曲をメジャー・フィ
ールドで展開したところが画期的でした。そのことを振り返っ
てみると、今回の『放蕩息子』で彼が再び原点に立ち戻ろう
とした姿勢が、ごく自然な回帰に思えてなりません。

恐らく『放蕩息子』はトランプ政権時代に生まれた鬼っ子的
なブルーズなのでしょう。「神様とウディ・ガスリー」には
こんな歌詞が出てきます「ねえ、ガスリーのTHIS LAND IS
YOUR LANDを歌っておくれ。やがて専制君主は失脚するだ
ろうね。ガスリーさん、あなたは夢見る人だった。そして私
もまたこの社会を良くしようとしているドリーマーなんです」

e0199046_20045210.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-06-04 20:06 | one day i walk | Comments(0)  

6月3日の木下弦二

3日は木下弦二のソロ・アコースティック・ライブを高円寺
のペリカン時代にて。自ら書いた東京ローカル・ホンクの曲
から荒井由実や吉田拓郎のカバーまで、全29曲をたっぷり歌
ってくれた。ひと言で弾き語りと言っても、彼の場合はジョ
アン・ジルベルトやカエターノ・ヴェローゾに連なるような
リズムのさざ波や和声感覚に長けていて、周りの空気を震わ
せる。その一方でジョン・レノンやジミ・ヘンドリクスを思
わせる語彙もあり、様々なバックグラウンドがあることを感
じさせる。生まれ持った才能を自覚し、その澄んだ水を涸ら
さないよう修練を重ねながら、この人は歌を届ける。柔らか
いヴォイシングとなだらかなメロディの輪郭に、この夜もま
た惹き付けられた。

e0199046_16435906.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-06-04 16:44 | 東京ローカル・ホンク | Comments(0)