<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

エディ・ヒントンのソングブック『Cover Me』に寄せて

エディ・ヒントンを知る前に彼の書き下ろした曲を初めて
聞いたのはニッティ・グリッティ・ダート・バンドのDown
In Texasだった。ソウル・ファンにはオスカー・トニー・Jr
の持ち歌としてお馴染みだろう。そんなことを懐かしく思い
出しながらエディのソングブック『Cover Me』を聞いてい
る。共作者のドニー・フリッツが自ら「私とエディの記念碑
だよ」と語るダスティ・スプリングフィールドの「ベッドで
朝食を」に始まり、夜明けにエディがふざけて木によじ登っ
た体験を元にしたルルの「エディはどこに?」で終わるこの
コンピレーションは、95年に他界してしまった エディのソ
ングライターとしての側面に光を当てていて、私が知ってい
る曲と知らない曲が半々くらいずつといったところだが、ペ
ン=オールダムやジョー・サウスあるいはダン・グレアらと
ともにアメリカ深南部のR&Bシーンを支えたエディの裏面史
として、本当に申し分ないものとなっている。レフトバンク
「愛しのルネ」に似た作風のボックストップスIf I Had Let
You Inや、シェールのSave The Children、トニー・ジョー
ホワイト自身は意外にも「俺はエディに会ったことがない」
と語るフリッツ/ヒントン作をトニー・ジョーが歌った300
Pounds of Hongry、ボビー・ウーマック自らイントロで
「スタジオ・セッションが終わる間際にエディがこの曲を
持ってきたんだよ”これをやらないかい?”って」と語るA
Little Bit Salty辺りがクライマックスだろうか。またエディ
が最初のソロ・アルバムに収録したヒントン=ペン作I Got
The Feelingのアメイジング・リズム・エイシズ版は恥ずか
しいことに筆者は今回初めて知った。エディ・ヒントンの作
風として一貫しているのは、やはりブルーズとゴスペルとソ
ウルの感覚に違いない。ニューヨークのティン・パン・アレ
イ系コンポーザー(ゴフィン=キングであれリーバー=スト
ラーであれポーマス=シューマンであれ)とは明らかに様相
が異なる実直な心情吐露に、エディ・ヒントンが身をもって
歩んできた南部の音楽風土を思わずにはいられなかった。


e0199046_14414174.jpeg



[PR]

by obinborn | 2018-11-20 14:42 | blues with me | Comments(0)  

11月17日の佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド

17日は佐野元春&ザ・コヨーテ・バンドを横浜のランド
マーク・ホールにて。10月から始まった彼らの『禅ビー
ト・ツアー』はいよいよ終盤を迎えた訳だが、予想以上
にソリッドで引き締まった演奏が圧倒的だった。佐野は
MCでコヨーテ・バンドとの連携が13年目に入ったこと
を繰り返した。そこに優れたソングライターでありなが
ら、ソロ・アーティストという方向性ではなく、常にバ
ンドとともに歩んできた彼の矜持が感じられた。実際コ
ヨーテ・バンドの成長ぶりは目覚ましく、高揚感あるメ
ロディが剥き出しのギター・ロックで叩きつけられる様
は、一瞬アメリカの荒ぶるオルタナティブ・ロックを聴
いている錯覚に陥るほどだった。選曲にしてもファン・
サービスの終盤を除けば、コヨーテ・バンドを率いてか
らのナンバーばかりを束ねていく徹底ぶりが清々しく、
多くの80年代組がノスタルジア・サーキットに陥ってい
るなかで一際異彩を放っていた。しかも決して希望を失
うまいとする佐野の世界観は健在であり、かつて言って
いた「暗い情感で人々と繋がるのが僕はイヤなんです」
という言葉を無言のうちに裏付けていた。そう、まさに
それこそが佐野元春が長い歳月に亘って実践してきたも
のだった。21世紀という荒れ地は僕らの目を疑わせ耳を
塞がせるばかりだが、それでも彼は明日も花束を抱えな
がら歌っていくことだろう。そんなことを思わずにはい
られない夜だった。


e0199046_22001324.jpg



[PR]

by obinborn | 2018-11-17 22:02 | rock'n roll | Comments(0)  

『ホワイト・アルバム』私感

『ホワイト・アルバム』に関する呟きで思わずハッとさせら
れたのは「いくら音がリマスターで更新されても、そこで歌
われている言葉そのものは昔と変わらないですよね」という
発言でした。なるほどね。圧倒的にジョン派の私は英国ブル
ーズ・ロックから刺激を受けた「ヤー・ブルーズ」が出色か
な。さらに「僕の言葉の半分に意味はないよ」と呟く「ジュ
リア」の独白が染みます。四人の緊密な関係がもはや崩壊し
始めていた68年の記録として、これ以上の楽屋落ちはないで
しょう。「俺はもう疲れたよ」(I'm So Tired)もまたジョ
ンによる抜き差しならない本音でした。


e0199046_18194046.jpg



[PR]

by obinborn | 2018-11-16 18:21 | one day i walk | Comments(0)  

30年近くなった音楽ライター人生を振り返る


明日は休み。後は飲んで聴くのみです。最近思うのは
よく30年近くも原稿を書いてきたなあ〜ということで
す。その殆ど全てが自分の好きなバンド/アーティスト
のみで、意外に思われるかもしれないキング・クリム
ゾンも「好き」だったから依頼を引き受けたまでで、
そういう拘りは大事だな〜と痛感しています。そりゃ
ヴィジュアル系の人気バンドの全国ツアーに同行し、
ゴーストライターとして提灯記事書くほうが遥かに身
入りはいい訳ですが、幸か不幸かそういう能力がなく
融通も利かない私は、好きな音楽を書くしかなかった
のです。それでもコツコツやっていれば見ていてくれ
る編集者はいる訳で、それが結果『Songs』や『パブ
ロックのすべて』といった単行本へと繋がっていった
のでした。ここら辺はまあ個々の選択というか生き方
のようなもので、何でもオールマイティーにこなして
こそプロの書き手だという意見もあるでしょう。でも
私はそれが出来なかっただけなんですぅ〜(笑)今は
亡き東芝EMIの石坂敬一氏が「時代が変わろうがオレ
の好みは変わらないよ」とヤードバーズへの愛情を露
わにされた時カッコイイ!と中学生だった私は思った
ものでした。また『ワイアード』のライナーノーツで
大貫憲章さんが「今の(インストばかりやっている)
ジェフ・ベックが僕は寂しくてしょうがないんだ」と
書かれているのを読んで何て正直な方なんだ!と高校
生だった私は感動しました。要はそういうことなんで
すね。というわけで皆さんも「こだわり」を大事にし
ましょう!しかしスティーヴ・マリオットも終生こだ
わりが激しいというか、融通が利かない人でした...


😆



[PR]

by obinborn | 2018-11-15 17:28 | one day i walk | Comments(0)  

More Blood、More Tracks所感

『More Blood,More Tracks』を聞いてまず思ったのは
最初は随分シンプルな演奏だったんだなということだっ
た。ディランの生ギターとハーモニカによる弾き語りを
中心にベースが加わる程度で、ゆったりとしたテンポで
奏でられるせいかとてもしんみりした印象を受ける。ぼ
くが長年親しんだ『血の轍』の多くのナンバーはバンド
を率いていただけに動きがあり、起伏があり、それ故に
鳥肌が立つような興奮を味わったものだ。弾き語り集に
なることに異を唱えたディランが、アルバム発売日の直
前にミネアポリス在住の無名の演奏家たちを率いて多く
の曲が演奏され直し、結果それが正規の『血の轍』とな
り、全米チャートを駆け昇っていったのだ。時は75年。
まだ新年が明けたばかりの頃だった。

個人的には初めてリアルタイムの”新譜”として買ったデ
ィランの作品集だっただけに繰り返し聞いた日々を懐か
しく思い出す。自分の過去の原稿を読み直しても、ぼく
がミネアポリスの無名の演奏家たちと急遽セッションす
るに至ったディランの”パンキッシュな衝動”に感銘を受
けていたことが確認出来る。だからオリジナル版の発売
から48年経った今になってから「最初はこんな演奏だっ
たんですよ」と公開されても、ただひたすら困惑してし
まう。こういう舞台裏を見れることに関してディラノジ
ストは歓喜するのだろうが、それ以上のものではない。
それでもどうしても知りたいという方にはスタンダード
・エディションの一枚だけで事足りる。「俺は寂しくな
るよ」をテイク1から8まで聞くのはディレクターやプロ
デューサーの仕事であり、音楽ファンの役割ではない。
そんなことを信じていたい。明日からはまた”本物の”
『血の轍』を聞こう。アルバムのA面最初からB面最後ま
での曲タイトルを覚え、その殆どすべてが身体に染み込ん
でいるから。


e0199046_17291871.jpeg



[PR]

by obinborn | 2018-11-06 17:33 | rock'n roll | Comments(0)  

記憶という支柱


自分では忘れていたことが他人の記憶を通して思い出される
ことがあります。それは旧友を介したものかもしれませんし、
夫婦の何気ない回想から引き出される事項であったりもする
でしょう。多かれ少なかれ人はそのように他人との関わりの
なかで暮らしています。今日久しぶりに小川洋子さんの代表
作『博士の愛した数式』を読み返して、活字から豊かな時間
が流れ出すのを感じました。小川さん流に言うなら「記憶と
いう支柱がたとえ困難な時も私を守ってくれる」でしょうか。


e0199046_17591094.jpg

[PR]

by obinborn | 2018-11-01 17:59 | one day i walk | Comments(0)